加藤 勝信 厚生労働大臣と直接面談し、署名と要望書を提出いたしました。

小児がん患者会ネットワークより『小児がん治療薬剤の開発促進、ドラッグ・ラグの解決を求める患者・家族からの要望』について、10月11日(火曜)に、加藤 勝信 厚生労働大臣と直接面談し、署名と要望書を提出いたしました。私も同席させていただき、DIPGは診断と同時に余命宣告されること、神の手をもつ脳外科医でも手術ができないこと、よって薬剤開発の進展がなければ、国内年間40人~70人の子どもの命が確実に失われていることをお伝えさせていただきました。

関連記事

  1. 「病気や障害児のラーメン作り職場体験」延期後の開催について会…

  2. 小児がん患児や経験者・その他疾病のお子さんや障害児のための「…

  3. レモネードスタンド寄付金贈呈式

  4. DMG/DIPGの子どもを救いたい!カナダの会議へ参加し日本…

  5. 「グリーフケアクルーズ試乗会」

  6. 沖縄県のファミリーハウス「がじゅまるの家」に寄付品贈呈

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP